8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

地域を超えた文化資源

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 羽黒山 政司

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

羽黒山 政司

(はぐろやままさし)

1914(大正3)年11月18日〜1969(昭和44)年10月14日
西蒲区(旧中之口村)生まれ。
16歳で上京し風呂屋で働いていましたが、先代立浪親方にスカウトされて入門しました。生まれつきの素質と体格に恵まれ、稽古熱心な羽黒山は、瞬く間に力をつけて、1934(昭和9)年の初土俵以来、スピード昇進記録を打ち立て一挙に三役まで駆け上がります。そして1941(同16)年、ついに第36代横綱に推挙されました。
以来優勝7回、引退するまで実に12年もの間横綱に在位するという不滅の大記録を打ちたてました。戦争をはさんだこの時代、人々に大きな希望を与え、特に横綱昇進直後に故郷で盛大に行われた記念興行は今なお地域に語り継がれています。
1952(同27)年、36歳での最年長全勝優勝は日本中を興奮の渦に巻き込みました。引退後、立浪親方を襲名。多くの力士を育て、相撲界に多大な貢献をしています。故郷の地名から四股名をとったほど郷土を愛した羽黒山。幼い頃父を無くし、母ミナさんの女手一つで育てられた羽黒山の早く出世をして母を楽にさせたいという願いもむなしく、大関昇進直前にミナさんは亡くなりました。落ち込む羽黒山を励まそうと、村の人達が化粧まわしを贈りました。そのまわしは現在羽黒神社に残っています。

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp