8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

東区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 招魂所山 六體地蔵尊

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

招魂所山 六體地蔵尊

(しょうこんじょやま ろくたいじぞうそん)

招魂所山 六體地蔵尊

招魂所山 六體地蔵尊

招魂所山 六體地蔵尊

招魂所山 六體地蔵尊

ほかの写真を見る  1  2 

【市民文化遺産】
享保5年(1720)に新田開発に携わった酒井吉右エ門は門前で倒れた旅の六部(諸国を巡り門付けして歩く行脚僧)を看護しました。そのお礼に万病に効く五香(漢方薬)の処方箋をいただき、調合して売り歩いたところ、効き目が評判となり、酒井家の家運は富に栄えたといいます。
吉右エ門は、六部のお陰だといって報恩のため六體地蔵尊を建立、御堂を建てて祀りました。
その後、北陸鉄道敷設に伴い、明治30年(1897)頃、招魂所山に移転し、今では地域でお正月と、4月24日(地蔵祭)には、お地蔵さんに新しい頭巾と涎掛け・衣を着せて、お祭りをしています。
また、日々参詣する人も多く、地域の守り神としての信仰心も高いです。
六體地蔵尊の中央にある石塔に「念佛供養塔」享保五庚子と刻まれています。

所在地/開催地

新潟市東区石山5−10−9

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp