8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

江南区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 酒屋太々神楽

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

酒屋太々神楽

(さかやだいだいかぐら)

榊舞

榊舞

鎮護の矛

鎮護の矛

末広

末広

海神の舞

海神の舞

花献(かけん)

花献(かけん)

ほかの写真を見る  1  2  3  4  5 

【市民文化遺産】
酒屋の「太々神楽」は八坂社・諏訪社合殿に伝わる採物神楽で西蒲原郡の曽根在の玉木家より、明治5年(1872)頃伝えられました。
屋白・小神楽とは、12の舞の神楽を適宜組み合わせて、6舞に省略して舞うところから来たもので、12の舞を太神楽とし、それに対する呼称となっています。優雅な稚児舞が6舞、格調高い大人舞が6舞あります。
この太神楽は、いわゆる出雲流の神楽であり、古事記や日本書紀に現れた神話を基にこれを脚色し、パントマイム風に演じたものです。榊舞、鎮護の矛、末広、海神、花献(かけん)、久菜戸之神(くなどのかみ)、泰平楽(たいへいらく)、天宇須女命(あまのうずめのみこと)、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)、事代主命(ことしろねしのみこと)、小弓の舞(〈小弓遊び〉ともいいます)、大国主命(おおくにぬしのみこと)で構成されています。
毎年、春・秋の酒屋神社祭で奉納されます。

所在地/開催地

新潟市江南区酒屋町424

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp