8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

北区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 検索結果一覧 > 赤絵花菱唐草文灯籠

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

赤絵花菱唐草文灯籠

(あかえはなびしからくさもんとうろう)

ほかの写真を見る  1 

太丘焼(たいきゅうやき)の灯籠で、高さ83cmです。白地に赤絵で全面に唐草文が描かれ、花菱がほどよく配置されています。太丘焼は、1870(明治3)年に原隆治が邸内に窯を築き創始したもので、京都の清水六兵衛・七兵衛を招いて指導を受け、日用品から観賞用の製品まで広く手掛けましたが、1892(明治25)年に閉窯しました。原家の屋敷跡は太子堂上宮社(たいしどうじょうぐうしゃ)で、花菱は原家の家紋と伝えられ、この灯篭は自家用に製作されたものと思われます。1964(昭和39)年の新潟地震で倒壊、一部折損があります。
新潟市指定文化財。

所在地/開催地

新潟市北区太子堂

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp