8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

秋葉区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 新津小唄

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

新津小唄

(にいつこうた)

作詞:野口雨情
作曲:藤井清水
振付:藤陰靜枝
1932(昭和7)年7月24日、新作童謡の普及活動のため全国行脚していた野口雨情氏が新津に来られた折、当時の三業組合の主催で雨情氏の歓迎の宴席で町長の鈴木寅五郎氏が町の活性化と振興を図る目的で雨情氏に作歌を依頼しました。雨情氏は、翌日から早速作歌のための材料収集に取り組み、市内の名所、旧跡を訪ね歩き、イメージを膨らませ、翌月の8月14日には、新津の風情を詩情豊かに詠み込んだ11節の歌詞が完成したのです。
作曲は大阪北市民館の同人会時代からの親友である「藤井清水氏」に依頼し、同時に振り付けを当時、舞踊界の新星と騒がれた藤陰靜枝氏に依頼し、9月には盛大な「新町の歌舞伎座」で完成披露会が催されました。
歌と踊りは、花柳界を中心に広がり、鉄道の分岐点でもあった新津では全国から集まってきた工員や石油業者等によって唄われ、もてはやされました。2003(平成15)年11月に保存会が設立され、現在はこの唄と踊りの保存・普及に取り組み、各種イベントなどで市民に親しまれています。

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp