8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

北区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 検索結果一覧 > 豊栄市内遺跡出土品

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

豊栄市内遺跡出土品

(とよさかしないいせきしゅつどひん)

ほかの写真を見る  1 

旧豊栄市の畠山佑二氏(1901〜1990)が市内を中心に50年にわたって採取した縄文時代から平安時代にかけての土器、石器類です。石の鏃、勾玉、管玉、古墳時代の土師器等72点です。出土品は1935(昭和10)年頃に展開された「康平・寛治図論争」にも資料として活用されたといわれています。新潟砂丘地帯が急激な発展・変貌をする以前の調査で発見された遺物であり、大変貴重な資料です。北区郷土博物館蔵。
新潟市指定文化財。

所在地/開催地

新潟市北区嘉山3452 北区郷土博物館内

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp