8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

南区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 白根絞り

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

白根絞り

(しろねしぼり)

ほかの写真を見る  1 

愛知県の鳴海絞り、大分県の豊後絞りと並んで日本3大絞りの1つ。白根絞りが作られるようになったのは江戸時代の後期で、明治末期から大正期にかけて全盛期を迎えたといいます。関東へ伝わった鳴海絞りが、渡り職人・福島兵吾によって白根の紺屋・外川政次郎のところで行われ、鳴海絞りの技術に改良が加えられながら白根絞りとして有名になっていったと伝えられています。戦後になると化学染料の織物におされて衰退をたどりましたが、近年では市民グループの手によって技術が守り継がれ、反物だけでなくネクタイやハンカチなどの作品にもなっています。
新潟市指定文化財。

お問い合わせ先

新潟市歴史文化課 025-226-2575

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp