8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

西蒲区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 越後毒消しコレクション

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

越後毒消しコレクション

(えちごどっけしこれくしょん)

ほかの写真を見る  1 

江戸時代末期から昭和の終り頃まで続いた「越後の毒消し売り」は、日本産業史の1頁を飾るにふさわしいものです。それは、角海浜称名寺の寺伝薬「毒消丸」を村の男が、他国稼ぎの行商の商品として販売することから始まります。ここで、製薬元と売子という独特のシステムが作り出され、それが明治時代になると売子が男性から女性に変わることにより、巨大化の道を歩み、1928(昭和3)年には毒消売りの総数は1,115人になりました。これにより、日本海沿岸の女性たちや、角田山麓の女性たちが「毒消し娘」として、東北・関東・甲信越に旅立っていきました。しかし、1953(同28)年頃を頂点として、新薬の進出や、社会情勢の変化などで急速に衰微して行きます。本コレクション(258点)は、薬材・製薬関係文書・製薬用具・薬・効能書・薬袋・版木・製薬元販売元関係文書・行商衣装・記録写真などに分かれており、その産業が残した後世に伝え得る貴重な資料です。
新潟市指定文化財。

所在地/開催地

新潟市西蒲区巻甲3069−1巻郷土資料館

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp