8区の宝が織りなす 新潟市文化資源サイト

北区

新潟市 > 観光・文化・スポーツ > ニイガタカラ.Net > 高森いざや神楽

はじめてこのサイトを訪れた方へ ニイガタカラ.Netとは?

イベント情報をメールで投稿する

新しい文化資源をメールで投稿する

新潟市内の主な文化施設一覧

高森いざや神楽

(たかもりいざやかぐら)

高森いざや神楽上演風景

高森いざや神楽上演風景

ほかの写真を見る  1 

1704(宝永元)年に高森薬師如来の製作を依頼された京都の仏師、辰巳藏之助は1705(宝永2)年、高森に着船しました。その時、藏之助は記念として、神楽を1体寄付し、京都の古式豊かな「いざや神楽」を伝授したと伝えられています。以来300年にわたり神楽舞としては、「幕がらみ」「御幣舞」「鈴舞」「三尺の剣」「天狗舞」「頭ざかし」「死んだり生きたり」という構成です。このうち「頭ざかし」は神社の特別な機会に演じられますが、その場合は「死んだり生きたり」はやりません。また村回りでは「天狗舞」「死んだり生きたり」は演じません。神楽歌は「御幣舞」「鈴舞」「三尺の剣」に付いています。
新潟市指定文化財。
上演期日:5月9日、10月9日
上演場所:高森薬師堂、稲荷神社、各戸
内容:獅子神楽
演目:神楽舞、四ツ切舞

所在地/開催地

新潟市北区高森

会場

高森薬師堂、稲荷神社

お願い
この記事について修正・追加したい内容等ございましたら、メールにてご連絡ください。

この文化資源についてメールを送信する

Copyright © Niigata city All Rights Reserved.

新潟市 文化スポーツ部 文化政策課

〒951-8550 新潟県新潟市中央区学校町通1-602-1
(分館2階)
電話 (025)226-2560 Fax(025)226-0066
mail: bunka@city.niigata.lg.jp