本文へジャンプ

新潟県特別栽培農産物とは

新潟県特別栽培農産物とは

新潟県が定める栽培基準に基づいて生産された農産物を認証する制度です。

特別栽培農産物とは?

農薬の使用回数と化学肥料の使用量を地域の一般的な栽培(慣行栽培)基準より1/2以上減らして栽培され、県の認証を受けた農産物のことです。

新潟県特別栽培農産物の認証基準とは?

  • 化学合成由来の窒素成分量が、地域慣行栽培基準の50%以下であること。
  • 化学合成農薬の成分回数が、地域慣行基準の50%以下であること。

※地域慣行栽培基準とは?
その作物の栽培される地域において、慣行的に使用される「節減対象農薬の使用回数」及び「化学肥料の窒素成分量」について、県が定めた基準のことです。

対象となる農産物は?

県内で生産された米、大豆、野菜、果実、茶が対象となります。
※ただし、加工品及び一定栽培面積基準以下のものは除きます。
新潟市内では米、野菜が認証されています。

新潟県特別栽培農産物を見分けるには?

認証された農産物には「新潟県特別栽培農産物認証」マークがついています。
また、農産物には表示票が張られています。
表示票に記載されている県認証番号から、その農産物の栽培履歴を新潟県のホームページで確認することができます。

新潟県特別栽培農産物認証を受けるためには?

地域認証委員会が、栽培管理計画などの検討や栽培状況などの現地調査を行い、その結果に基づき知事が認証します。

1).申請
生産者等は、市長へ申請します。
(ただし、精米の申請は、直接新潟地域振興局等へ申請します。)
2).検討・審査
申請内容について地域認証委員会で検討し、審査を行います。
3).生産登録
審査の結果、基準に適合したものを生産登録します。
生産登録された申請者は、直ちにほ場に生産登録圃場であることを示す看板を立てます。
4).生産
栽培管理計画に基づき生産を行います。
5).現地調査
地域認証委員会の現地調査チームが、現地調査を行い栽培管理状況などをチェックします。
6).認証決定
現地調査などの結果、基準に適合したものを認証し、県認証マークの使用を許可します。
7).出荷
認証された農産物は認証マークを貼付し、出荷されます。
8).実績チェック
実績の確認と、必要に応じて残留農薬のチェックも行います。

※地域認証委員会とは?
新潟県の地域振興局等の単位ごとに設置され、栽培管理計画等の検討や栽培状況等の現地調査を行います。

申請書は?

下記のリンク先、「新潟県農林水産部ホームページ」から入手できます。
[外部リンク] 新潟県農林水産部 「新潟県特別栽培農産物 認証請求できる人」

新潟市内の新潟県特別栽培農産物の認証状況は?

平成26年度 新潟県特別栽培農産物 生産登録実績

  大豆 野菜 果樹
  件数 面積
(ha)
件数 面積
(ha)
件数 面積
(ha)
件数 面積
(ha)
北区 18 47.63 0 0.00 1 0.70 0 0.00
東区 2 2.92 0 0.00 1 0.60 0 0.00
中央区 5 14.81 0 0.00 0 0.00 0 0.00
江南区 7 17.07 0 0.00 0 0.00 0 0.00
南区 27 156.61 0 0.00 2 0.06 0 0.00
西区 9 17.16 0 0.00 8 6.44 0 0.00
秋葉区 10 94.92 0 0.00 0 0.00 0 0.00
西蒲区 19 86.93 0 0.00 0 0.00 0 0.00
合計 97 438.05 0 0.00 12 7.80 0 0.00

新潟市の取り組み拡大のための支援事業は?

新潟市では、平成24年度から取り組み拡大のために重点事業の「環境と人にやさしい農業支援事業」で、支援をしております。

1.目的

都市と農村が共存できる持続可能な環境保全型農業を推進するため、有機栽培等の化学肥料・農薬の使用を控えた安心・安全な農作物を生産する農業者を総合的に支援していき、「食と花の田園型政令指定都市」の実現を目的とする。

2.補助内容

ハード事業
上限事業費300万円以下 補助率3/10以内
(下限事業費15万円以上・1台(基)10万円以上)
ソフト事業
上限事業費300万円以下 補助率1/2以内
※一部は上限事業費50万円以下 補助率1/2以内
(下限事業費10万円以上・10万円以下の資材等の経費)

3.対象者

 要件1 :
水稲生産者の場合は、生産調整の達成者であること
 要件2 :
次に掲げるいずれかであること

  1. 認定農業者又は認定見込者
  2. エコファーマー又は認定見込者
  3. 新潟県特別栽培農産物認証制度認証者
  4. 有機JAS認証制度認証者
  5. 食と花の銘産品を生産する販売農家

4.事業内容

種目・事業目的 内容
1 環境保全・資源循環型機械施設整備支援【ハード】
  (1)環境保全型農業支援 環境保全型農業の取り組みに要する機械設備整備
(2)資源循環型農業支援 資源循環型農業の取り組みに要する機械施設整備
2 選んでもらえる農産物生産支援【ソフト】
  (1)5割減・減+土づくり(ケイ酸)
取組支援
水稲、園芸作物等の5割低減栽培と
土づくり(ケイ酸の施用)取組への支援
(2)有機JAS認証者支援 認証取得経費への支援(※)
3 やさしい農業取組支援【ソフト】
  (1)環境保全・資源循環型農業取組支援  
  ア.減農薬農業資材導入支援 減農薬農業資材(フェロモン剤、天敵等)の導入経費への支援
イ.循環型資材導入支援 生分解性マルチの導入経費への支援
ウ.堆肥製造資材導入支援 堆肥製造に必要な菌類等資材の導入経費への支援
(2)無人ヘリコプター運転免許取得支援 免許取得経費への支援(※)

注:表中の(※)のある事業メニューは上限事業費50万円未満であり、支援対象者は個人も含みます。

事業の詳細については、お住まいの区役所農政担当課へお問い合わせください。

リンク